西船2丁目の踏切前に、歩行者安全対策用の看板が設置されました

8月、西船2丁目の京成線路の踏切北側に、自転車利用者の方に向けた注意看板が設置されました。

img_8109

この道路は葛飾小学校と西海神小学校の通学路です。

しかし国道14号線や京葉道路の原木インターへの抜け道になっていて、朝夕の通勤・通学の時間帯は自動車や自転車が、ほぼ切れ目なしに通ります。

地元の皆さんから6月、「子どもたちが通学中に事故に合わないか心配なので、なんとかしてもらいたい。坂道を自転車がスピードを上げて走ってくるのも危ないと思う」と、安全性の確保が求められていました。

市の道路維持課にその要望を伝えたところ、上記のように注意看板が二つ設置されました。

img_8111

全国的に人口が減少する中でも、西船地域を含む市南西部は今後も人口が増える見込みですから、こういう問題が深刻化するのではないかと思います。

皆さんもご意見・ご要望がありましたら、お気軽にお寄せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です