下総中山駅南口のバリアフリー化などを、船橋市に要望しました

9月19日、表題の件など地域の改善に関する要望書を、日本共産党中山支部と後援会が市役所で提出しました。同党の金沢和子市議と、私も参加しました。

市からは、山﨑健二副市長に対応して頂きました。

日本共産党船橋市議団は毎年市民アンケートを行っていますが、そのうち本中山、東中山、二子町に関する要望を、同支部と後援会がまとめて、今回の副市長との懇談につなげました。

下総中山駅の南口は6段の階段からなっており、足の悪い人や乳母車を押す人には不便な状態です。中には、隣の西船橋駅まで歩く人もいると言います。

最近、南口の駐輪場の東側に、北口と南口をつなぐ通路が市によって開設されましたが、すぐそばの駐輪場の通路は通れないため、結局かなりの遠回りをする必要があります。抜本的な解決には至っていません。

IMG_0271
(写真)下総中山駅南口

この運動を10年やってきた同後援会の村田芙規子さんは、「弱者に優しい街を目指してJRに働きかけてほしい」と発言。
山﨑副市長は、「この件は8月終わりにも、市道路部長がJRに要請した。市は駅のバリアフリー化にはかなり力を入れ、すでにほとんどの駅がそうなっている。しかし、この駅に関しては、駅南側に住む人には一経路もない状態だと私は思う。対策を取るにも、道路が非常に狭く、物理的に難しい場所。駅の中に店舗や事務所があって、エレベーターなど付ける場所がないというのもある。ただ、この近辺は密集市街地で、市としても悩んでいる。何とかしたい思いはある。やっぱりJRが動かないと。相手があっての話なので、非常に難しい」と、回答しました。

また、要望項目は全部で17項目でしたが、このうち、

1.駅南口に面した道路の幅が狭く、危険なので、安全対策を施してほしいこと
2.南北通路の利便性、安全性を高めるために、改善してほしいこと
3.駅周辺に駐輪場を増やしてほしいこと

という3点についても、問題が大きいため、その場で副市長に、口頭で要請しました。

1については地域の方から「視覚障害者の施設もあり、白杖を持った人がかなり歩いている。危ないと思うので何とかしてほしい」と発言。副市長は「この道路は市内で初めて『ゾーン30』を実現した。速度制限、歩道のグリーンゾーンもやっている。一つ一つやらせてほしい」とのことでした。

2と3は一体の問題ということで、まとめて次のように副市長から回答がありました。

「南北通路はようやく通したものの、駐輪場の通路を使うとなると、駐輪場を狭めて通路を広げないと危険になる。だからといって、この駅は駐輪場を減らせる環境ではない。放置自転車がさらに増えることになる。担当課も何とかしたいと言っていた。それにしても、南北通路がこんなに遠回りしているとは思わなかった。さすがにつらい。不合理性を感じる。今、市全体で駐輪場計画を見直している。あとは自転車のマナー啓発が必要。考えさせてほしい」とのことでした。

このほかに、今回の要望書では

○認可保育所を増やすこと

○一時保育のA利用(保育できない理由がある場合)の利用条件に「定期的に整体や鍼灸院に通っている」を加えること。また、B利用(リフレッシュの場合)の限度日数を増やし、育児の負担を軽減すること

○ファミリー・サポート・センターの協力会員が少ないため、必要な時に利用できない。こうした仕組みをボランティアに頼るのではなく、職員を雇い、市の制度にすること

○JR西船橋駅~下総中山駅間の総武線高架下北側は、夜間大変暗く、危険。街路灯を増やすこと

○小栗原小学校と真間川の間の道路は暗く危険なので、改善すること

○産業道路の歩道は凸凹が多いため、改善すること

○原木インターチェンジから原木中山駅までの道路は幅が狭く、歩行者やベビーカー、車椅子などにとって危険なため、電柱の移設などの対策を取り改善すること

○通学路の所定の場所に、カーブミラーをつけること(二子町)

○利用者が多いのに信号がなく危険な横断歩道に、信号機をつけること(下総中山千葉街道サイゼリヤ前、西船橋駅南側レンタカー店前)

○豪雨災害が各地で起きているため、水はけの悪い道路を改善すること(本中山5丁目付近、東中山駅から北に延びる道路など)

○蓮池公園はたばこのポイ捨てが多いため、清掃の機会を増やしたり、注意喚起の掲示を出すなど、対策をとること

○本中山公園の周辺は鳩が多すぎて幼児などが怖がっており、鳩の糞が大量に落ちていて不衛生でもあるため、対策をとること

○自転車の利用が増え、右側走行や、無灯火などルール違反の自転車も多く危険。安全講習会など、注意喚起の機会を増やすとともに、自転車の通行しやすい道路整備も考えること

以上のことも市に要請しました! 回答は文書で受け取る予定です。後日また、こちらでもご報告します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です